学校で行われる学園祭

色々な活用方法がある

オリジナルTシャツが活躍できる定番の場面としては、学校の学園祭があります。クラスや部活などの括りで同じデザインのTシャツを着用すれば、一体感が高まります。写真や動画を撮影する際の見栄えも良くなるでしょう。そしてデザインとしてはテンプレートを使用できる場合もありますが、注文者側で自由に作れることが多いです。そのためクラス全員分のイラストを入れたり、共通のスローガンを書くなど、活用方法は多種多様です。出し物の宣伝に使用するという手もあります。そして学園祭が終わった後でも、そのまま思い出の形として残るのがオリジナルTシャツの強みです。大事にしまっておけば長い間持つので、同窓会などのタイミングで話題として持って行くこともできます。

大量注文と学割で安くしやすい

オリジナルTシャツを作成する際にはデザインを入稿する必要がありますが、FAXや写真のメール送付などで手描きに対応しているところであれば、専門的な知識がない学生でも問題はありません。そして全員分の注文をするのであれば、枚数は数十から数百単位になるでしょう。オリジナルTシャツの製作を依頼できるところは、注文数が多ければその分単価が安くなるシステムを導入していることが多いです。さらに学割が適用できる場合もあるため、大量注文と組み合わせると、1枚当たり2千円以下に抑えることも不可能ではありません。金銭的な負担がそこまで大きくはないため、ひとりずつ購入してもらったり、限られた学園祭の予算内に収めるといったことがしやすいです。

オリジナルパーカーは、仲間内のイベントや企業の販促活動、地域活動など色々な目的で注文することが可能です。